上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路面がタイルのスロープでスリップ

雨でリヤのタイヤロックスリップでスライド

昨日はあいにくの雨でした。路面は濡れているものの、家を出たときに雨が降っていなかったので、駅まで自転車で行くことに。

駅までの道のりは、大きな橋を渡り、その橋の途中から歩道橋のような歩行者と自転車専用のスロープを下って、駅まで行きます。事件はそのスロープで起こりました。

ツルッツル!おしりがスライドしている!

そのスロープは、でこぼこのタイルで路面が作られています。下りながらスピードが出てきたので何も思わず軽くブレーキを掛けると「ツツツーっ」とリヤが滑り出しました。「おおっ!」慌ててブレーキを緩めるものの、今度はスピードをなんとかしなくては。「フロントだけは滑らないでね!」と念じながら、リヤをチョコチョコとブレーキ。そのたびにロックしてしまい、「ツルッ」「ツルッ」。

怖くてハンドルを切れません。ハンドルは真っ直ぐのままです。スロープのU字になった突き当りに軽くぶつかってストップしました。いやー怖かった。突然のスリップに、もうダメかと思いましたが、なんとか持ち堪えました。

路面の摩擦よりもブレーキの摩擦が上回った

ブレーキをガッチリ握り込んだわけではありません。軽くパニックになった後のブレーキに自信はありませんが、最初のほうに掛けたブレーキは、軽めでした。振り返って正直な感想としては、「え?これで滑るの?」という感じ。

路面が滑りやすい状況だと、いつもより簡単にタイヤロックしてしまいます。路面とタイヤの摩擦よりも、リムとブレーキの摩擦の方が上回ったということでしょう。アスファルトならまだしも、タイルや鉄板などは本当に危ないですね。雨の日の怖さをあらためて思い知らされました。皆さんも、雨の日や路面が濡れている時は、思わぬところでスリップすることがあるので気を付けて走行して下さいね☆

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村



コメント

  1. まるちゃん | -

    おっとっと

    charioさん、転倒しなくて良かったですね〜。タイルはよく滑るので怖いですよね。

    ( 22:36 )

  2. chario | -

    Re: おっとっと

    まるちゃんさん
    ほんと転倒しなくてよかったです。初コケかと頭をよぎりましたが、ギリギリセーフでした☆
    鉄板は滑ると認識していましたが、タイルはノーマークでした(汗)。

    ( 07:55 )

  3. まるちゃん | -

    都会

    道が綺麗に舗装されていて、見た目もいい感じになっているイメージがあるんですが、思わぬところに盲点があったりするんですね。
    ちなみに私、走行中の転倒は無いんですが、信号などで足をつき損ない立ちゴケしたのは何度かあります。
    (⌒-⌒; )

    ( 09:04 )

  4. chario | -

    Re: 都会

    まるちゃんさん
    信号待ちの立ちゴケわかります!僕も何度かこけそうになったことがあります。
    怪我はなかったですか??

    走行中にコケるなんて想像もつきませんが、ヘルメットやグローブに感謝するんでしょうね☆
    今度から路面がぬれているときは、鉄板だけでなくタイルも気にして走ります!

    ( 11:03 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。